SILLENTFROMME

KNOWN -Long Sleeve-

5.jpg

6.jpg

4.jpg

PEOPLE KIll PEOPLE

KNOWN -Long Sleeve-

in store

塩田千春 -魂がふるえる-

blog5.JPG

blog6.JPG

blog3.JPG

blog4.JPG

blog2.JPG

blog1.JPG

ベルリン在住の現代美術家塩田千春さんの展示『魂がふるえる』へ。

没入型インスタレーション。

広い空間に無数と紡がれた糸。

たくさんのトランク、窓枠。

独自の世界が表現されていました。

blog7.JPG

先日行ったクリスチャン・ボルタンスキーに続き、良い体験。

生命・死・記憶。

2人のアーティストのそれぞれのアプローチ。

見事に昇華されていました。

CROSS

3.jpg

2.jpg

1.jpg

PEOPLE KIll PEOPLE

CROSS

in store

BRING ME THE HORIZON -SUMMER SONIC EXTRA-

68FDFF17-B3C0-43A8-BF4E-37EC3D997DB3.JPG

チケット争奪戦となったBMTHワンマン。

幸運にも観に行くコトができました。

2009年初来日の時と同じ新木場スタジオコースト。

10年という月日の中で大きな進化を遂げてますね。

過去の曲も聴きたかったケド、ボクは今のスタイルの方が好み。

衣装やステージングもドラマチックでファッショナブル。

IMG_4505.JPG

10代の頃のマイヒーローHYDEさんと現代のヒーローBMTH。

時代を超えて同じステージで共演しているのは運命的。

自分の中にあるスキなモノに対する<ブレない芯>。

両者のステージを観ながら改めてそんなモノを実感しました。

models , photographer

Barner_01.jpg

Barner_00.jpg

Barner_03.jpg

SILLENT FROM ME 2019 AUTUMN & WINTER STYLE

みなさまご覧になっていただけましたでしょうか?

モデルは佐藤公彦(me;us)、撮影は鈴木公平に協力していただきました。

いつもありがとう。

000.jpg

ボクの創作する歪な洋服一枚一枚を組み合わせる作業。

ソロプレイがセッションになっていくような瞬間。

毎回楽しんでいます:)

delivery start

deliverystart.jpg

2019 AUTUMN & WINTER COLLECTION

PEOPLE KIll PEOPLE

delivery start

本日8/31よりお取扱全店舗にて一斉デリバリースタート。

お買い求めの際はDEALERSページをご覧になりお近くの店舗をお尋ねくださいませ。

DEALERS LIST

新作は順次リリースとなります。お見逃しなく。

皆様に良質なサプライズをお届けできますよーに:)

website updated

webupdated.jpg

SILLENT FROM ME websiteが2019AW仕様へとアップデートされました。

モノクロームに綴られた世界をお楽しみくださいませ。

slt19aw00.jpg

最新スタイリングも公開されております。

コチラもぜひご覧になってみてください。

SILLENT FROM ME 2019 AUTUMU & WINTER COLLECTION -PEOPLE KIll PEOPLE-

PKP.jpg

SUMMER SONIC 2019

summersonic2.JPG

summersonic3.JPG

summersonic4.JPG

summersonic6.JPG

summersonic5.JPG

summersonic7.JPG

東京公演のチケットが取れず、大阪公演に初参加。

台風の影響で1/3ほどのアーティストがキャンセルとなりながらも、観たいアーティストはほとんど観れました。

BRING ME THE HORIZON待望の来日。涙が出た。

RANCIDは17年ぶりくらいに体感。時を経てもマイヒーローの輝きはそのまま。

RED HOT CHILI PEPPERSはさすがのステージング。知ってる曲も多く感動しました。

summersonic1.JPG

Thanks SUMMER SONIC.

Bye summer.

PEOPLE KIll PEOPLE

slt19aw00.jpg

PKP.jpg

#mysight

011.JPG

08.JPG

05.JPG

01.JPG

09.JPG

06.JPG

07.JPG

02.JPG

04.JPG

03.JPG

8月。

秋冬デリバリーまで少しの休暇をもらいつつ、来春夏の創作中。

次はどのようなスタイルを作るべきなのか?

毎シーズン、この疑問から始まりマス。